0003457959486789

咲-Saki-|実写化プロジェクト


 そろそろ存在を忘れられてそうっすね……。
 お久しぶりでございます。咲めも!! の管理人である山吹でございます。

 いやー、今年はほんと悪い意味だけで色々あったせいでブログの更新が全然出来てなかった。
 なんでこんなに悪いことばかり起こるんだろうと思ったら今年厄年でした。しかも本厄。さすがにヤバ過ぎてお祓い行ってきました。お祓いの効果があるといいですね。お祓い終わった直後に肉まん頼んだらあんまん渡されたけど。食ってから気付いた。


 はい、ということで観て参りました劇場版「咲-Saki-」実写。
 最初に映画化! からの実写!? というニュースが出てから随分と時間が経ちましたが、果たして内容はどうだったのかっていうことで感想とか諸々を書いていこうと思います。






いやまぁ面白かったよね。


 結論だけを真っ先に述べるならこれ。
 美少女系漫画と実写化っていう最悪と言っても過言ではない組み合わせから、ここまでちゃんと「咲-Saki-」をしている作品に育つとは……。
 人それぞれ思うことは多々あるとは思いますが、少なくとも私はこれを間違いなく「咲-Saki-」だと認める他ないと思っています。
 しかも原作の面白い所を忠実に再現するだけでなく、実写ならではの良さも多々あり、ファンの期待に応え、前評判で多々見受けられた不安をまとめて吹き飛ばした渾身の作品であると言えるでしょう。


・細かいところにも強く気を配っていた
 まぁ自分で言うのもなんだけど、咲のためだけにブログを何年も書いてる奴とか、そういうブログを読んでる奴らって程度の差はあるとはいえ、まず咲好きを結構なレベルで拗らせたオタクばっかじゃないですか。そうだよそこのお前、お前もだよ。
 んでまぁ咲って、設定も非常に細かいところまで作り上げてある作品ですし、我々はそれらをそれなり以上には理解してるわけですよね。
 おそらく、どんな細かい点でも粗が存在すればほぼ間違いなく誰かから小突かれるでしょう。
 けれども、本作品はそんな面倒臭い設定厨とも言える我々を納得させる程に気合いが入っていた。
 久のナマーレスツモとかゆみちんの薬指、純くんの胡坐みたいな分かりやすいのはもちろんだけど、チラッとしか映らなかった西田記者とか棟居仁美さんとかまで再現してくるとは思わなかった。
 その他細かい動作も咲のキャラとして違和感のあるものはあんましなかったし、これは間違いなく監督自身も相当拗らせてる咲のオタクに違いないですね……。


・実写だからこそ
 すでに他のブログで突っ込まれているのであれですが、やはり実在の人間が演じているからこその良さというのはありました。
 キャラの表情、態度などもそうですが、試合中に牌が崩れたりとか裏ドラの捲り方だとか点数移動の度に点棒を取り出す描写があるとか、まさに麻雀のリアルではありませんか。あれはさすがにアニメや漫画だとなかなか描写し辛い。
 牌が崩れるのはまぁ人によっては結構気にする人もいたかもしれませんし、その気持ちはまぁ分かるんですが、個人的にはあれをそのまま(もしくは故意に崩したのか)にしたのは好意的に捉えています。


・展開について
 前準備は深夜ドラマで消化したとはいえ、原作では3年ほど、アニメでも2クール費やした長野予選を二時間近くの映画に収めようとするとどこかで無理が生じるのは必然です。しかしその中でも要点はしっかり抑え、見事あの短い時間の中に長野予選をまとめきれたと思います。
 ……とはいえ、どうやったって仕方が無いとはいえ、やっぱり時間の都合上による問題点が気になってしまうのもこれまた仕方が無いことでしょう。実際この映画の不満点を述べろって言われたら大体が省略されたシーンとか、展開の速さについてとかになると思います。仕方ないんだけどね。

 まず、いいところ。
 大事な要点はちゃんと全て出してたし、特に副将戦以降のかじゅモモの出会いや池田とキャプテンなどのシーンはすばらそのものでした。そのせいで中堅戦以前がハイペース過ぎるように感じてしまうのもやむなし。

hajito_sakimovie

 りっつんのブログでも触れられていた国広くんと透華の鎖の下りについても、あーそうくるかーそうくるそうくるビビるわぁ~これ~って感じでもうこれ実際に観て貰って共感してもらうしかねぇな(感想の放棄)
 ただ回想話をドラマ特別編でやってしまっているから仕方がないとは言え、 正攻法 まっすぐ なボクでいく!! のセリフが無かったのは非常に残念。ていうか無かったよね? あった部分に関してはともかくなかった部分に関してはさすがにパッと思い出せない。やっぱもう一度観に行こう。

 原作にない部分についてですが、和のエトペンを咲が抱いてしまっていて返しに行くところは、エトペンがなくなってるところと咲が応援しに行く所を上手くまとめてて改変の中でも最高だと思いました。エトペン奪取のシーンはまぁ元から無くなることは分かってましたが、かといってごっそり抜き取って普通に副将戦にエトペンを持ち歩いてもつまらないし、咲がエトペンを抱くと言うオリジナルから上手く繋げたのはもう最の高、優の勝って感じじゃないですか。
d805a65e

 また、咲和と言えば、前半戦と後半戦の間の、楽しんで麻雀を通して会話するというテーマを掲げてきたのはもはや原作でやって欲しかったレベルでしたね。衣を孤独から解放するというところにも繋がってきますし、最近原作でも咲和成分枯渇気味だったからほんともう! ほんともう! って感じでして。

 そして終局後の龍門渕面子が衣を迎えに行くシーン。原作でも好きなシーンだけど、劇場版にてトップクラス(トップクラスが多過ぎて何位タイになってるかは知らん)にすばらなシーンに躍り出てくるとは思わなかった。
 異質過ぎて孤独であったと試合中もずっとこぼしていた衣が、麻雀を通して特別から解放され、自分の周りの人たちに気がついて実は孤独ではなかったことに気がつく流れ最高過ぎんよ。純くんに起こされて、笑顔で遊んでたシーンとか尊過ぎて光になるやつ。これ感想記事って銘打ってるけど語彙力少な過ぎていつもオタク言語でしか語ってないな。

 あと、その際に透華の口から特別から解放された~のセリフが出てくれたの、あれすっげー良かったですよね。
 透華の魅力と言えば色々あるとはいえ、衣の母親にも近いバブみ母性がある所なんだけど、決勝戦で負けても勝敗には一切言及せず、衣の変化について喜んでいたところがすばらしかったです。まぁそこは原作も同様だけど。


 いいところは他にも色々あるけど一旦さておいて、次に賛否両論点。
 まぁーーーーー闘牌シーンがかなり巻き気味だったのは時間の都合上とテンポの問題から仕方がないとは言え、だからと言って全て気にするなというにはさすがに無理があるかなーって所でした。
 先鋒戦は気が付いたらキャップの開眼シーンになってたし。手牌がほぼ映らなかったので裏が乗れば三倍満だじょ! も無く、安牌で道を作ってあげるシーンもなくてどうやってアシストしてたのかも分かり辛かったのは気になった。

 次峰戦は元が元なのでびっくりするほど突っ込むところないですね……。強いて言えば佳織さんがツモ動作とかがへたっぴぃ(監督から牌触ると怒られたという話は面白かった)な割に手牌を倒す所だけ綺麗だったのが気になったような気にしすぎのような。まぁそれ言ったらアニメでも初心者の京太郎が蛍返しとかやってたりするんであれだけど。

 中堅戦は久の描写特化の煽りで、文堂さんが振り込みマシーンになってしまったのは残念だった。そらま映画の流れで一萬を切る理由をいちいち説明されてもテンポ面が阻害されるし初見の人には多少解説入れた所で通じないし、ああするのが一番よかったのは間違いないんだけど、それを理解した上でもやっぱり残念。
 部キャプ成分がほぼ無くなってたのはもうしょうがないなとしか。池キャプ一点特化で良かったと思います。好きな人には悪いけど映画の流れでやることではないと思う。国広くんの「おもしろい人だなー」の削除もそうだけど、他校との絡みを出来るだけ削除していったのは今回に関しては英断だったと思う。

 副将戦。全体的に観れば透華、和、モモのそれぞれの見所がキッチリ描かれてて良かったけど、やっぱりどう見返しても特急券だーのところののどっちのポーズは理解出来ないw
 OPでも毎回出てきただけに超目に付いた。原作見返してもやっぱりあれは右手一本の動作だと思うんですけどどうなんですかね……。
000345934

 あと、おはようのどっちの演出がやや過剰に感じた。人によってはやや重く感じるかも。私は感じた。まあしっかり再現するだけ全然いいのだが。
 モモ絡みのエピはほんと最高過ぎたけど、闘牌のステルスモード絡みについてはさすがにちょっと分かり辛かった。牌を消しても良かったとは思う。
 あとコミュニケーションのための時間も悪くない──の下りはさすがに入れて欲しかった。1年A組乱入事件の下りが最高過ぎたので贅沢かもしれないけど、そこも欲しかったのが本音。
 あとほんとどうでもいいけどこのクラスにひとり! 校内LANで通信麻雀に入ってくれた人がいる! のセリフがあれにしか聞こえなかったんだけどオレだけかなオレだけだといいんだけど。

 大将戦はそのために他の闘いを巻いたような感じで色々ぶっ込んでくれたおかげでさして不満点はないし、削除点も池田がやらかしたりウラウラ乗るところだったりで消すならそこかなってところばっかりだった。
 ただ池田の役満シーンで、もし神がいるのなら前に向かう者を好きでいてくれるはず──のセリフは欲しかった。あれ、確かなかったよね? あったらごめん。
 咲の連続和了削除に関してはどうだろう。最初から2000→24000のやつかましたけど、ジャブのシーンは無かった方が良かったのかあった方がよかったのか。その下りで今原村さんの声が聞こえたような……とか池田のリーチだし!(見開き)とかが削除されたのは残念だけど、やっぱそれら全部入れるとそこそこの時間になりそうだし消した方がよかったのかもしれない。

 終局に関して。
 池田の何事も楽しんでいくのだよ、衣のまた一緒に打ってくれるのかの下りはさすがにどうにかして入れてほしかった。池田もゆみちんもちょっとあっさり席を立ちすぎのような気がした。

 そこからエンディングへの流れは各校とも素晴らしかった。やはり「NO MORE CRY」は名曲。しかしごくせんのドラマの主題歌になったことに続いて漫画の実写化に縁のある曲だな。


 他にも色々言いたいことはあるけれど、さすがに書くのも疲れてきたし一回観ただけだとうろ覚えのシーンも多いし、とりあえずこの辺にしておきたいと思います。
 今回は良い点だけでなく、不満点に関しても結構書いたけど、最初にも言った通り全体で見たら大満足の出来です。ほんと自分が人生の中で1,2を争うレベルで愛した作品が実写映画化と聞いた時は応援こそはしてても全く不安じゃなかったと言えば嘘になるのだが、無難にまとめるどころかここまでのハイレベルに仕上げてくれるとは思わなかった。咲が持つポテンシャルをナメていたのは私の方だったかもしれない。

 咲-Saki-はいいぞ。

 そう堂々と言える作品に仕上げてくれた関係者全てに感謝を禁じ得ない。どうやら私から咲熱が無くなりきるのはまだまだ先の話になってしまいそうだ。






・これからの咲めも!!について
 しばらくブログ書いてなくてすんませんした!
 とりあえず咲三話分、怜二話分、シノハユ一話分の感想記事を書き切って、次回以降は出来るだけど発売日から日を空けないで更新していきたいなと思います。
 それではこれからも咲めもをよろしくお願いします。