前局→【感想記事】怜-Toki- 第3局「膝枕」悟リノースリーブ横乳がお送りする圧倒的視覚暴力
pic-main201609

 はい、というわけでこんにちは山吹です。
 電子書籍便利ですねぇ、朝起きたらすぐ読めるんですよ。
 朝起きてベッドから起き上がる前に怜とシノハユと咲日和読めるんですよ。これ強過ぎませんか。
 ヤングガンガンも早く電子書籍化しねぇかなぁ。

 さて、それでは続きから感想記事になります。
 ビッグガンガン最新号のネタバレを含んでいますので、単行本派の方はご注意ください。






怜-Toki- 第4局「圧力」

Screenshot_2016-08-25-19-30-38

なんで小学生で谷間出してるのこの人・・・

 さすが関西人、服装一つ取ってもツッコミ待ちっちゅうことか…。
 あ、いやね? ツッコミゆうてもね? 別に変な意味じゃなくてね? うん、まぁほらツッコミたいじゃん? 指とか。


Screenshot_2016-08-25-19-30-45

 前回は野上さんのダブリーから半荘が始まりました。今回はその続きから。
 野上さん名前葉子って言うんですね。門松葉子さんとは名前も同じ。漢字含めて名前同じは初?

 さて、リアルで麻雀をやっていれば多少は分かるとは思いますが、やっぱダブリーの恐ろしさとは役がつくというよりその圧力にありますよね。
 まぁ実際自分でダブリー掛けてみてもあんま和了れなかったりするんだけど、そこら辺はご愛嬌か。
 慣れてくればダブリーなんか当たったら事故やって漫ちゃんみたいに思える(そして振り込む)ようになるんですけれども……。

Screenshot_2016-08-25-19-31-29

 まだそこまで慣れていない麻雀初心者怜ちゃんはあっさりその圧力に呑まれてしまいます。
 しかしこの構図どっかで見たことありますね。
ぐにゃあ

 まぁ気のせいでしょう。

 しかしそこへ堂々と危険牌を切り込む竜華。
 それによって、怜もそうそう当たらへんと考えることが出来るようになりました。
 おそらく竜華の危険牌切りは怜にそれを気付かせるためのものでしょう。
 うーむ、同じ卓に入ってどうするのかと思ったけどこういうベクトルのアシストもあるのか。

Screenshot_2016-08-25-19-32-03

 先ほどまでとは打って変わって楽しそうに麻雀を打つようになった怜さん。
 こいつ、なんてのびのびとした麻雀を打つんだ……。
 そしてわずか6巡目にしてテンパイして追いつく!!

Screenshot_2016-08-25-19-32-152

 来たっ……八萬っ……喉から手が出るほど欲しい八萬っ……!!
 がっ……!?

Screenshot_2016-08-25-19-32-15

 こいつ舌打ちし始めましたよ……。

Screenshot_2016-08-25-19-32-153

 気持ちは分かりますが、麻雀中に舌打ちをする行為はマナー違反ですのでやめましょう。私は学生時代に始めて雀荘行って舌打ちおっちゃんと当たって以来行かなくなりました。
 その点ネット麻雀はいいぞ。やってる途中にどんなにブチギレても怒られないし。まぁ自分が怒るんだけどさ。

 麻雀回は中々感想が書きづらいので途中割愛。



Screenshot_2016-08-25-19-33-37
 
 あ~~~~これは駄目ですねぇ~~~~。
 完全にヒモを飼う女の思考ですねぇ~~~~。
 ヒモ怜さんとかたまにネット上でもネタにされることあったけど、竜華さんそれは駄目ですねぇ~~~~。

 どうも竜華は大切なもの相手の時ほど逆に気を遣いすぎてしまうそうでして。
 竜華も自覚しているのか、大切になってしまったらまた……とペンダントを握る。

 今回の怜-Toki-小学生編のキーとなるのがこのペンダントなんでしょうが、やっとこさ少しだけ正体が見えてきました。
 これは竜華の大切だった人からのプレゼントか形見か何かで、何かが理由で離れてしまっている……。
 んで、大切だったからこその別れの辛さがトラウマになっている……とか?

 でもまぁまだこれだけじゃ怜と仲良くなった理由が分からないし、まだまだ隠れている設定はあるのでしょう。
 ……前にブログで適当に竜華二週目説とか書いたけど、もしや本当だったりしないだろうな……。

 野上さんとの戦いも竜華の過去も気になるところ、次回は9/24と一日早い発売日のビッグガンガンです。