前回→【感想記事】シノハユ 第33話「中堅戦」&第34話「副将戦」受け取り、繋ぎ、後へと託す麻雀リレー
pic-main201608

 はいどうもこんにちは、山吹です。
 今月のビッグガンガンからは電子書籍版が配信されるようになったので、家でもすぐに読めるようになってとても助かりますね。
 ていうか、今日自分実は風邪でぶっ倒れてまして……買いに行く体力なかったからマジで助かったよ……。

 そして電子書籍が配信されただけではなく、今月のビッグガンガンからはハイスコアガールの連載再開という嬉しいことも同時にありました。
 今後はこういう悲しい出来事が起きないままでいてくれるといいですね。

 さて、それでは続きから感想記事になります。
 ビッグガンガン最新号のネタバレを含んでいますので、単行本派の方はご注意ください。






シノハユ 第35話「杏果①」

 柱のアオリが「去年の小学生大会、決勝戦までいきました」──。なんだけど、前回のハシラでなんて書いたのか忘れちゃったのかな?
 それともそれを分かった上で修正的意味合いがあるのか。

ママ、出陣

Screenshot_2016-07-25-16-46-18-1

ママー! ママー!!

 今日も杏果ママは母性に満ち溢れている。

 さて、前回では雫部長が意地を見せて逆転トップを飾ることができました。
 総合点の差は未だ開いているものの、一位の回数はこれで同じ二回目。
 つまり、総合点で勝てなくとも杏果様が一位を取れば「一位を三回取れば勝ち上がり」というルールによって勝利が確定するのです!!
 しかし失礼ながら杏果様は、麻雀を主軸としている慕さんや閑無ほどの実力、覚悟、経験は持ち合わせていないはず。
 それなのにも関わらず、自分の勝敗によってチーム全員の運命が分けられる重責を負わされても平気なのだろうか──?

Screenshot_2016-07-25-16-46-25-1


 まぁ、ママのママが応援してるから平気でしょう。
 ところでママのママってなんだろう。すっごいママ?


Screenshot_2016-07-25-16-47-37-1

 そうして始まった大将戦。
 雫部長の奮闘によって勝ち抜けの芽は残された湯町中ですが、それでも万原中の優位に変わりはありません。
 何故なら、杏果様はトップになるor万原中の一位を阻止しつつ36800点を詰めなければ勝てないという状況。
 後者はほぼ無理案件なので、実質一位を取るしかないといっていいでしょう。

 それに対して万原中の余村里生(多久和李緒先輩に続く二人目のRIOさん)選手は、例え一位になれなくても、よほど酷い差をつけられない限り湯町中にトップさえ許さなければ、ほぼ勝ち抜けが確定します。
 つまり、勝利条件的には万原中の方が圧倒的に有利──そう思われましたが。

Screenshot_2016-07-25-16-48-30-1

 杏果様の奮闘により、普通にトップが奪われてしまう可能性が濃厚となってまいりました。
 他の面子に劣る実績、重過ぎる重責。はたして杏果様は実力を発揮できるのか──その不安は、まさかの数ページで吹き飛ばされたのです。

 お得意の縦に伸ばす打ち筋。
 暗刻は性質上待ちが読みづらく、そして三暗刻、トイトイ、ドラが絡めば一気に打点が跳ね上がるという強みを持ち合わせております。
 その代わり、当たり牌や有効牌が少なくなるので手が遅くなるというのが縦に伸びる手の難点ではありますが、なんと余村選手によるとそれでも手が遅くなっていないということ。
 手が遅くない対子手とか理想像やん……。

Screenshot_2016-07-25-16-49-25-1

 展開は大方の予想を裏切って、なんと最初からずっと杏果様の独壇場が続きました。前回の雫部長の展開とは全くの逆パターン。
 普通にやっていければもう杏果様の勝利は手堅い──そこへ役満と染め手、三面張が追い詰めるべく杏果様を包囲していきます。
 そこに杏果様も続けて聴牌。しかし、聴牌するために切らなければならないのはド危険牌!

Screenshot_2016-07-25-16-49-47-1

 まぁ、さすがにオリるわな。
 守っていれば勝てるところでドラを投げ捨てた小村さんとは違うのだよ小村さんとはぁ!!

 とはいえ、相手の手牌は振り込まなくてもツモられれば十分ヤバいもの。
 特に目がイっちゃってる子の大三元は親被りしてしまうと非常に手痛い。
 自分がオリてしまっている以上は、相手がツモらないことを祈る他ないけれども──

Screenshot_2016-07-25-16-50-11-1

──君がうちのお客様でよかったよ。

 なんと、大三元になるために最後のキーパーツが杏果様の手元へ!!
 もう一枚はすでに川の中、つまりはこれを手放さなければ大三元を和了られることはない!!

 旅館の娘らしい杏果様の最高のセリフ回し。
 前回の運に見放されても部員に見放されたくはないわに続いて、シノハユの名言は実にすばら。すばらなのですよ。


 最大の窮地を凌いだ杏果様。
 もはや勝利は目前!
Screenshot_2016-07-25-16-50-57-1


 先月まで抱いていた杏果様への不安はどこへやら。
 もはや、麻雀選手としても貫禄を身に付けはじめた杏果様なのでした。


 ところで、今回のタイトルは「杏果
 内容的にはすでに今回で一区切りついていると思うのですが、これはまさかここから杏果様の過去回が始まるのか!?
 次号!!!