pic-main201607

青春が、輝く時──。


 お久しぶりです、山吹です。
 最近ブログ更新が滞りがちで申し訳ありません。大体仕事のせいです。
 でも咲ブロガーって元々社会人多いよね。だけど皆普通に更新してるよね。なんで? どうやって時間作ってんの?
 とりあえず溜まってる咲本編とシノハユについては必ず近々更新するつもりです。

 んでんで、今号のビッグガンガンからはとうとう「怜-Toki-」が連載開始。
 なんだかんだ初めての情報解禁から三ヶ月かー、時が経つのは早いもんですな、怜だけに(ドッ)

 ということで早速怜-Toki-の感想記事を書いていこうと思います。
 ビッグガンガン最新号のネタバレを含んでいますので、是非今月のビッグガンガンをご購入頂いてからお読みください。







他の誰ともくらべずに

私には何があって

何がない?

暗闇の中

今はただ初花開花の時を待つ──


img_01

 
西の本格美少女麻雀物語ウエストサイドガールズマージャンストーリー

怜-Toki-、爆誕ッ!!

 やはり目立つのは怜、竜華、そしてセーラの三人組ですが、何気に他の千里山、姫松、憩ちゃんと咲本編の関西面子全員が描かれていますね。
 いつか作中にも出てくる時が楽しみ。

20160625_214325-1

 現われたのは小学生時代の園城寺怜。
 なんか背景どころかランドセルの種類すら特定されてるみたいなんですが、玄のカメラの時といいその洞察力はどこで培うことが出来るんでしょうか。

 時は小学五年生の始業式の頃らしく、同時にクラス替えが行なわれたそうです。
 クラス替えかぁ……運だけで今後一年二年……下手したら今後の人生揺るがすクソイベントだよなぁ……いやまぁ他にどうしようもないけれども。

 んでまぁ、そんなクソイベントを、怜も同様にあんまりよく思っていないそう。
 知り合いもろくにいない状況でどないしよってところに、一人の少女が話掛けてきた。
20160625_214354-1

 その名も清水谷竜華!
 とても小学生とは思えないスタイル、ファッション、オーラ!! エロすぎだよね。
 学校でもトップカーストの位置に君臨しているらしく、クラス替えした直後なのにも関わらず多くの友人に囲まれていた。

 しかし当時の怜と竜華に面識はないらしく、少なくとも怜はいきなり話掛けてきた竜華のことを「だれ?」と反応していた。
 他にも大量の知り合いがいるにも関わらず、初対面のはずの怜にも話しかけるとかこれがコミュ力MAXリア充か……と思ったらなんかネックレスにキスしながら見つめてきてるし、クレイジーiPSレズの欠片が早くも。

20160625_215308-1

 挙句の果てに、クソみたいな班分けシステムで、竜華は初対面のはずの怜を他の友人をさておいて抜擢するという行動まで。晒し上げかな?
 どうしてこんなことをするのか、怜自身も分かっていないらしく、ひどく疑問に思っていた。
 トップカーストと下位カーストは関わっちゃいけないって上の人間は分からんとですよ。

20160625_214604-1

 その後もついてきて、遊びに誘う竜華に、さすがに疑問をぶつけた怜。
 竜華の返答は強風に遮られ、うまく怜に届かなかったけれども……「……むに……て……から」ってのは「○○むに似てたから」とか?
 しかしどんな理由でも初対面の相手にいきなりこんなガンガン突っ込んでいくのはよく分からないなぁ。ビッグガンガンだけに。
 私の大切な人にはならないことを前提に友達になろうとか竜華さんすでにヤバイ人臭がするアレな人な感じになってきてるけど、はたして一体怜と出会う前に何があったというのか……?
 過去のことには一切触れず、そのまま二話へ。

20160625_214652-1

 おままごとの『お友達』となった竜華と怜。
 竜華が何を考えているのかは分からず、そして怜も何故それに付き合ってやるのかも分かりませんが、奇妙な関係が出来上がったそうです。
 しかし他の友人らの誘いまでも蹴っ飛ばして、昨日まで初対面だった怜と一緒にいたいとまで言い切るとは……さすがに何か恐ろしいものを感じますが、怜は『おままごと』やからしんどくなったら終わりにしたらええかと割り切ることに。
 ……現時点、竜華がただのサイコパスなんだけども、ほんと何があったんだろう。

20160625_214759-1

 小学生時点でも、すでに現時点の怜に通じるものを感じる。
 病弱かどうかは明言されていませんが、とりあえず昔から体力は結構残念な感じっぽいです。

20160625_214814-1

 公園で遊んだ後は竜華の祖母家に。
 あれっ、竜華ってなんかいいとこのマンションのお嬢様みたいな感じじゃなかったっけ? と思ったら母が忙し過ぎて祖母の世話になることが多いらしい。
 確かに竜華ってお祖母ちゃんっ子っぽいって言われたら納得できるような気もする。

 そして祖母、竜華、怜と三人集まって……うん……三人も集まったらやること、あるよね?
20160625_214857-1

そう、麻雀!!

 やはり三人集まったらサンマ、四人集まったら普通に麻雀、ってもんですよね。
 しかし普通に家に全自動卓あるとかやりますな清水谷祖母家。

 この時点で竜華、そして怜も麻雀のルールは一応理解していることが判明。小学生が普通に麻雀ルール知ってる世界怖。
 とはいえ、怜の実力はかなり低いこと、祖母の実力が高すぎることからボコボコにされてしまう。関係ないけどめきめき先生の前作ウィクロスのアニメでも実力最高祖母が出てくるからなんか被る。

20160625_214931-1

 ここ、怜の顔を見ながら竜華が牌を切るシーン。
 もしや分かって差し込んだ? 後の祖母の顔も見るにおそらく故意。
 竜華のゾーンに近い何かって小学生の時から開花してたんかな。化け物かな?
 しかしナメプもいいとこの接待プレイな訳だが、今後ここのシーンが何か後に悪い影響を与えそうで胃が痛い痛いなのです……。

 このまま竜華と親睦を深めていく……なんてあっさり終わるわけもなく、竜華の友人方が嫉妬故に怜を呼び出してしまう。
 校舎裏呼び出して壁(に)ドンとか古いな……今時やらんでしょ。あ、今から6年は前の話か。
 とんだゴタゴタに巻き込まれた怜が、この場を解決するために提案したものとは──?


 読み終わった感想を一言で言えば「あんま咲らしくないな」って感じです。
 他のめきめき先生の作品を読んでいると、その画風がダイレクトに出てきてるなって感じ。りっつん神先生がネーム書いてないって言ってたのは本当だったんか。
 ただもちろんこの咲らしくないってのは悪い意味ではなく、今までのスピンオフとは全く異なる形で楽しむことができるかなと思っています。今後の怜竜華を知っているからこそ、今の二人とも、そして従来の咲とも異なる書き方をされる二人の行く末が楽しみですね。

 それでは次回、咲本編かシノハユ感想記事で。