前回→【感想記事】咲日和 ~宮守の巻④~ ヤサイマシマシニンニクマシアブラマシカラメマシ(呪文)
cover

 全日本発売前ネタバレスレタイサイト潰す委員会。

 はいどうもこんにちは、山吹です。
 今月のビッグガンガンの表紙はアニメ化が決まったACCA! クズの本懐に続いてめでたい!
 そういやACCAとクズの本懐の二作品ってヴィレッジヴァンガードと関わり持ってることが多かったですよね? なんか関係あるのかなぁ。

 そして新連載はゴブリンスレイヤー!!
 ダークファンタジーと謳っていただけあって、一話から物凄いインパクトを叩き出してきましたね……。知ってるか? この作画担当の黒瀬先生、アイマスのマンガ描いてたピクシブではプリキュアのイラスト描きまくってたりするんだぜ……信じられないよな……。
 ただビッグガンガンって別に今回のゴブリンスレイヤーに限らずダーク系の作品って結構多いんですよね。最近なんかは特に顕著。君死ニとあすかを筆頭に、アカメ、新闇狩人、葬除屋、あとちょっとダークの意味が異なるかもしれないんだけどクズの本懐にReゼロ……うん? なんでシノハユと咲日和がこれらと同じ雑誌で連載してるんだ?

 しかし、何より我々を驚かせたのは『怜-Toki-』の連載が来月から始まるということでしょう!!
img_com201605

 なんと、タイトルは『怜-Toki-』なのか……アニメ放映時の阿知賀編かな?
 りっつんブログでは大阪各地の~と書かれていましたので姫松や三箇牧の登場にも期待してたんですけど、このタイトルだと千里山面子の中学時代が中心になる……のかな?
 それともシノハユみたいにストーリー系じゃなくて、もっとゆるゆるにやるのか。個人的にはそっちの方が嬉しいかな。


 それでは続きから感想記事になります。
 ビッグガンガン最新号のネタバレを含んでいますので、単行本派の方はご注意ください。






咲日和 清澄の巻⑧

20160525_212718-1

 今月の咲日和は清澄の巻!!
 主人公回ですよ主人公回!!
 主人公回だけあってもう八回目! 回数で言えばトップだ!!

 ……あれ、もう八回目なのか? 改めて見ると結構意外だった。
 清澄って割と根が常識人な人ばっかなせいで意外とインパクト薄いのか……?


20160525_212813-1

 君が背筋をピンと! すると集中できなくなるクラスメイトは非常に多いと思うんですけれどもね、そこんところどうお考えなんでしょうかね。

 さて、片岡・タコス・優希さんと原村・おもち・和のお二人は何をなさっているのでしょうかと思えば、二人で宿題をなさっているようでした。
 背景が見えないんでどこでやってるかは分かりませんが、咲一期24話で優希が補習決定した時に勉強していた図書室だろうか。


20160525_212826-1

 自分も最近社会人になったんですけど、仕事の都合上全然やることないんですよね。
 なんで一日八時間自習とかなんすけど、これが忙しいとはまた別ベクトルできついのなんの。
 背筋が伸びたところで目の前にあるのは嫌な課題……そんな状態で集中力を保ていうても無理ってもんです。


20160525_212858-1

 宿題は終わったの? という咲の言葉にぐうの音も返せない。

 咲SSを書いたことがある人は分かるかもしれませんが、優希の口調って書こうと思うと結構難しいんですよね。「だじょ」「だじぇ」も実はそこまで多用しないし。結構フリーと言いますか。
 しかし文字だけを使用するSSの都合上、普通の口調だけだと優希を表現するのは難しいし……かといって「だじょ」「だじぇ」を連発するのも分かってない咲厨みたいな思われ方するし(自意識過剰)……うぅむ、SSで優希を上手く書こうと思うと本当に難しいじょ。


20160525_213002-1

 どちらもレギュラーキャラだというのに、咲-Saki-という作品の都合の問題か、意外と絡むシーンが少ない咲&優希。
 そんな二人のやり取りに1ページ以上を使ってくれたのは非常に嬉しかったです。ビッグガンガンP534-535なんて咲と優希の二人しかいない。すごい。右上にいる池田は見なかったことに。
 ボケる優希とツッコミ(……?)の咲の掛け合いはメジャーなキャラ通しなのにも関わらず新鮮な気分で読むことが出来ました。
 うぅむ、さやせんせー、さすがだじょ。


 さて、シノハユも咲日和も面白かったし、ビッグガンガンを最初から読み直そ──

20160525_213059-1

なん……だと……!?



 なんと今回の咲日和は二本立て!!
 毎回そうだけど咲日和の二本立ては毎回気が付かないから心臓に悪いぞ!!
 でもよく見たら清澄の回の上の方にちゃんと書いてあるぞ!! よく読もう!! オレ!!!

 ということで、二本目もはじまりはじまり~。

池田の巻⑧

 単独で主人公校清澄と並ぶ八回目。化け物か。
 でも、あれっ? 最初の大ゴマに見えたのは衣ちゃんのように見えるぞ? だから最初は龍門渕の巻かと思ったのに。
 ハッ、これはまさか衣×池田という神回必死な組み合わせなのでは──

20160525_213120-1

なん……だと……!?


 池田は池田でも、まさかの菜沙ちゃん(左)と城菜ちゃん(中心)と緋菜ちゃん(右)と衣ちゃんの組み合わせだとぉ!!?
 馬鹿な……この組み合わせで面白くならないわけがない……材料が豪華過ぎる……なんだこれは……。


20160525_213128-1

 見た目ロリ(高二)の衣ちゃんと、リアルロリ(4歳)の池田三姉妹がまさかの邂逅。
 4歳にすら子ども扱いされる衣ちゃんには笑うしかないし、何より池田三姉妹の表情が面白すぎて笑うしかない。
 さやせんせー、ほんとすげぇいい表情描くなぁw


20160525_213328-1

て に を は [0] 【弖▼ 爾▼ 乎▼波・天▽ 爾▼ 遠▽波】
〔博士家(はかせけ)のヲコト点の四隅の点を左下から右回りに続けて読むと「てにをは」となることからの名称〕
①漢文を訓読するとき,補読しなければならない,助詞・助動詞・活用語尾・接辞などの古称。てには。
②助詞・助動詞の用法。言葉づかい。
③助詞のこと。
④話の前後関係。話のつじつま。
[句]弖爾乎波が合わない
引用:日本語表現辞典 Weblio辞書

 てにをは、とはこんな感じの意味です。ちなみに当ブログの文章においては完全に無視している概念でございます。
 てにをはって漢字だとこう書くんだな……そういや衣ちゃんって難しい熟語使う癖あったんだっけ。咲日和だと死に設定だと思ってたよ。そんなんだから咲SSで衣ちゃんは書き難いって言われるんだよ!!!


20160525_213335-1

 一杯やると聞いて即座に過去の臨海のネタを思い出す人も多かったはず。そこまで昔の話でもないしね。
20160525_213452-1

 こんな地味過ぎるところでも、過去ネタを覚えてるとニヤリとしてしまうネタを仕込んでいるところはさすが。
 咲本編だとよくあるけれども、咲日和までがその高等技術を習得しようとしている……!?


20160525_213528-1

 んで、なんでこんなところに池田三姉妹がいるかっていうと、どうも犬の風船で遊んでいたら離れたところに来てしまったらしい。子どもかよ。子どもだった。
 ということで、衣の誤解とは違って、リアルに迷子なことが判明した池田三姉妹。
 つまりここは、お姉ちゃんたる衣ちゃんが子どもの池田三姉妹を助けてやらねばならないということでしょう。
 さぁ、ここは衣お姉ちゃんの手腕を見せる時!? どうやって池田三姉妹をお姉ちゃんに引き合わせるのかな?




20160525_213532-1

これが12歳離れた組み合わせだと……!?

 あまりに可愛らし過ぎる光景に本気で和んじゃったけど、これ12歳もの差あるんだよね??????
 完全に違和感なく溶け込めちゃってる衣ちゃんマジ衣ちゃん。


20160525_213635-1

 あんな姿を見せた後でも自分は子どもじゃないと弁明する衣ちゃん。さすがに無理がある。
 しかしリアル高校生の姉を持つ池田三姉妹にとっての高校生のイメージとはこんなもんらしい。

 うーん……。
image

 何故だろう、数ページ前の誰かさんのことが脳裏を横切る……。

 リアルタイムでビッグガンガンを読んでいる読者なら相当ひねくれていない限りは、先ほどの清澄の巻を見てからこの池田の巻を読んでいるはず。
 この巻を越えて微妙に掛かったネタで笑わせにこようというのはさすがに卑怯過ぎる気がするんですけど、さやせんせー!

 ところで池田華菜お姉ちゃんは「しくだいしなさい!」って怒ってる方だよね?
 あ、でも三姉妹ってまだ4歳だから宿題とは縁遠い……となると、このやり取りってまさか華菜と池田母なのでは……!?

 こんな細かいところでもタコスと池田を掛けて笑わせようとするんだから本当に面白い。


20160525_213659-1

 そして続く衣ちゃんの弁明。しかし城菜(……合ってるよね?)の正論に見事ズタズタにされてしまう。
 見てくださいよ、これが16歳と4歳のやり取りらしいですよ。
 まさかこんなところでどこぞの大将戦の仇を取るだなんて……城菜、恐ろしい子ッ!!


20160525_213732-1

 ようやく迷子になった池田三姉妹の行き先の手がかりが掴めてきた衣ちゃん一行。
 なれば、後は道を聞いてその場に向かうだけ!!
 じゃあ誰に道を聞こうと思えば……まさかのGPS!!!
 すげぇ!! さすがGPS(グローバル・ポジショニング・システム)だ!!! 聞けばなんだって分かる!!!! ついでにタコスの作り方とかぬいぐるみの裁縫のやり方も分かりそうだ!!! 一家に一人欲しいわ!!!!


20160525_213809-1


 最後にオチまで非常に秀逸で、池田の巻⑧は本当に面白い回でした。
 今まで咲日和で最高なのは新道寺の巻か佐賀の巻かで悩んでいたけれども、今回の池田の巻は首位争いに十二分に食い込めるレベルの面白さを発揮していましたね!!
 実は自分は池田の巻ってガン推しされている割にはそこまで好きってほどでもなかったんですけれども、今回ばかりは話が違う。先月咲日和見れなかった無念を完全に吹き飛ばしての神回を読ませてもらいました!! ありがとう、さやせんせー!!


 さて、次回はシノハユ本編感想記事になると思います。ちょっと間が空く可能性がありますけど、まぁ気長にお待ちくださいませ。