20160327_001110-1

奇 蹟 の カ ー ニ バ ル 開 幕 だ

 はい、ということでこんにちは、当ブログ「咲めも!!」の管理人である山吹でございます。まだ22歳のピチピチ少女です。まぁ咲ブロガーの中には中学生とかいますけれども。信じられないよね。

 さて、つい数日前の3月25日、「咲-Saki-」シリーズの単行本が4冊も同時に発売されるという過去最大級のお祭りが開催されました。
 こんな辺鄙なブログに訪問してくださっているほどの咲好きであれば当然すでに購入されていることでしょうか。
 私も、この日は秋葉原に繰り出して、色々お店を回ってきました。普段は遠いのであまり秋葉原には行かないのですけれども、今回は他の用事も会ったので運良く向かうことができました。
 それでは、続きからなんか当日の秋葉原の様子とか、単行本の感想とか書いていきたいと思います。





咲-Saki-発売日の秋葉原の様子

・ゲーマーズ
CeXmpvuUEAQi7UT

CeXmrQUVIAACGHJ

 今回、特典にニワチョコやモモなどとんでもないものを採用したことで巷を騒がせたゲーマーズ。
 秋葉原店では、1階の新刊コーナーのど真ん中でかなり大きめに広げられていたのが印象的です。
 駅から近いこともあって最初にここに向かったわけですが、自分以外にも咲の単行本を手に取っている方も他に複数いて、言葉こそは交わしていませんが、何も言わずとも同士と分かるこの雰囲気になんとなく心地よさを覚えました。


・メロンブックス
TGPO7uLu3P8lvdp1459007550_1459007565

j9rXkgBP0WQxAei1459007601_1459007611

 天井まで積み上げられた咲タワーが目を引くメロンブックス秋葉原店。
 ネットだと4000冊以上あるんじゃないかという記事を目にしましたが、それだけ仕入れるということは、まぁ売れるってことなんでしょうかね。嬉しいですね。単に咲タワーをやりたいがためだけに無理な発注をかけている……ってことはないですよね……。


・とらのあな
CeXo8b8VAAAkAfk

CeXo9khUIAARl2a

CeXo-q-UIAAbsKq

 とらのあなでは、なんとリアル黒牌を使用して咲-Saki-を表現していました。
 そしてその周りを彩る咲キャラたち。これは愛あるスタッフにグッジョブと賞賛する他ないでしょう。
 入り口のすぐそこに咲コーナーが設置されていたこともあって、とても目を引くものでした。


・アニメイト
CeXrAIDUMAAlsLy

CeXq-nfVIAA1qsR


CeXq9AyUAAAsuY1

 今回の特典情報では思い切りやらかしてたような気がするアニメイト。まさか前日になってもネット上で三冊同時特典の全貌が公開されないとは思わなかったよね。肝心の慕はやはそれはもうすばらなものでしたが。
 特別咲専門コーナーみたいなのはなかったのは残念でしたが、1,2,3階で広げられていたのは良かったところですね。

咲-Saki-15巻

71itGAwjA0L

 表紙はネリー、裏表紙は臨海女子面子。
 りっつん神先生のブログでは「臨海は制服はあるけど着るかどうかは自由で」と書かれていましたが、ここにきて臨海全員の制服姿を目にすることが適いましたね。
 個人的に一番目を引いたのはダヴァン。普段はどちらかというと男寄りなイメージがあるだけに、普通の女子制服を着ている姿は結構意外なイメージがある。つっても副将戦中もずっと制服か。

 そしてオビでは「咲-Saki-」シリーズの新しいスピンオフの情報が。
 漫画を描いてくださるのはめきめき先生。以前、ビッグガンガンでWIXOSSのコミカライズを執筆していた方ですね。私はカードゲーマーなので元々WIXOSSを知っていて(一応元プレイヤーでもある)あの作品は色々な意味で楽しむことができていましたが、まさか咲-Saki-にも関わるようになるとは……。


 まぁ過去にも百合系作品は多く手掛けておられるようですし、人選に問題は全くないでしょう。どのように咲キャラを描いていくのか非常に楽しみです。


 肝心の中身は第143局から第154局まで収録。
 本ブログでは全ての回の感想記事を書いているので、もし良かったら単行本と一緒に読み返してみていただけると嬉しいです。就活と卒論が被った時期は割と適当に書いちゃってたりもしましたがw

第143局「応変」我らが末原、立つ。
第144局「烈火」ヤムチャ視点で見る闘牌描写
第145局「背戻」タケノコの里こそが正義
第146、147局「絶望」&「継承」
第148局「速攻」このクリーチャーは、あなたのコントロール下で戦場に出てすぐに攻撃したり(T)したりできる。
第149局「助言」ならばいっそ戯れてみよう、その運命とやらと──!!
第150局「追走」おっかけるけどー
第151局「流儀」其の花は山を越えた先に咲くか。
第152局「一片」その先をね、見てみたかったんだ。
第153局「一閃」終わりと、そして新たな始まり。
第154局「奮起」10周年、おめでとうございます!!

 単行本化ということで、本誌掲載時から修正が入っているところも非常に多く存在します。
 例えば150局の扉絵とかですね。本人のブログでも書かれていましたが、線を引きなおして国広くんとムロが追加されていました。
 ……でも国広くんの服、そっちなんだ……他全員制服なのに……咲さんにとってはそっちのイメージの方が強いのかしらん……。
 あと目立つところだと154局の穏乃のシーン。これはネット上でも早速話題になっていましたね。燃えすぎw
20160327_001404-1

 まぁ修正後の単行本ももちろんいいけど、本誌は本誌で当然いいとこもあるわけでしてね。
 例として挙げるなら148局の扉絵の煽り文句とか。こういうのが見れるのは本誌勢ならではですね。
5cc1b9ab

 あと地味なところで。
CefQUZ7WAAEP4V5

 「一片」は第152局なんだよなぁ……編集のミスでしょうかね、これは。


 そして最高にすばらなのがカバー裏のおまけ漫画。
20160325_232808-1
前回:【感想記事】咲-Saki-15巻カバー裏が私を殺しにきた件

 やーもうね、ほんとね、最高の一言に尽きるよ。最高だよ。
 ニワチョコisGOD。はっきりわかんだよね。


20160327_004046-1

 おまけ漫画にニワチョコ! しかも27歳!! どこ需要!? 誰の願いが天に届いたの!?

無論、我よ!!!

 とまぁ本気で思ってるほど自惚れてやいませんよ。もしそうだったら嬉しいですけどね。
 けどまぁ、私一人の願いが天に届いてニワチョコが描かれたってのは有り得ないにせよ、私も含めたニワチョコ好きの同士たち全員の願いがりっつん神先生に届いた可能性はある──程度は思ってもいいですかね?
 そういや昔、ニワチョコ間での呼び名はどうなっているかとかメール送ったことあったなぁ。まさかこういう形で返答されるとは思ってもみなかったが。
 ありがとう小林立先生、この山吹、咲-Saki-が終わるその時まで命賭けてでも付いていく所存でございます。


シノハユ6巻

71x2oXlb9VL

 表紙は沖縄のサマー美少女こと!

これがやりたかっただけ


 そういやビッグガンガン公式で今回の心ちゃんも含めた壁紙が配布されていますよ!
 こりゃあ当然すぐにダウンロードして壁紙にするっきゃないですね!!
1920



 6巻には第25話から第30話まで収録。
 これらの感想記事も全て本ブログでは扱っているので、よろしければ見返してみてください!

第25話「季夏」あなたは今どこで何をしていますか?
第26話「一別以来」夏の大会に思いを馳せて。
第27話「修学旅行」季節は巡り、時は流れ、そして向かう先は──
第28話「進学」慕は私の母になってくれたかもしれない女性だ!!
第29話「中学」JCは最高だぜ!!
第30話「市大会」右手に牌を、左手に箸を。

 前号のビッグガンガン掲載分までが収録されているため、6巻を読んだ後すぐにビッグガンガン本誌を読むことが出来ます!
 単行本派のそこの君! 良い機会だ、これを機にビッグガンガンの購読、始めようぜ!




 肝心の中身ですが、自分が気が付いていないだけかもしれないけれど、特に目立った修正点はない……のかな? 見比べたわけじゃないからなんともだけど。
 当時世界を震撼させたニワチョコの問題のシーンも特に修正なしのまま輝いていました。嗚呼、今見返してみても尊い……。
20160327_001526-1

 このニワチョコのシーンも含めてシノハユ過去最高級の神回である第27話は何回でも見返すべきでしょう。
 慕さんが本当マジで尊いんだ、これが……。いやぁ27話の感想記事は本当に書いてて楽しかった。うん、またああいうのが書きたいね。


咲日和5巻

81XQmi3IQJL


 こちらの表紙を壁紙風に修正したものもビッグガンガン公式でダウンロードすることができますよ。いいっすねー!
sdgfg

 全キャラ可愛いけど、一番目を引いたのは灼でしょうか。
 まーたなんか新しいTシャツ仕入れてるよ……どこから仕入れるんだよこれ……。
00sdfbvsdilv


 そして表紙を捲ったところで我々を出迎えてくれるのはサトハ様とネリー、ハオの日常風景。
20160327_001622-1

 いっやぁ~咲日和のネリーは本当にいいキャラしてるね。本編のあれがまるで嘘のようだ。
 正直ぶっちゃけると今まで臨海ってそこまで好きな方じゃなかったんだけど、咲日和のおかげで今は普通に好きになってきた感がありますね。

 5巻に収録されているのは文字で打つのが面倒だから省略。
 咲日和といえば合間合間に入る書き下ろしが良い味出してるんすよねー。
20160327_001803-1

 ケ ー キ バ イ キ ン グ で 初 手 カ レ ー ラ イ ス

 今更だけど、やっぱりのどっちってしっかりしてるようで割と天然なところあるね。ドヤ顔カレーライス可愛い。


20160327_002551-1
参考:
【感想記事】咲日和 ~有珠山の巻②&臨海の巻②~ オレは忘れないからな、今日のこのステージを!
【感想記事】咲日和 ~湯町の巻①&鶴賀の巻⑦~ あなたは22歳の時、何をしていたか覚えていますか?

 そして有珠山の巻②と湯町の巻①はカラー化。すばら。
 本誌掲載時、私の心臓をも打ちぬいた揺杏の笑顔もしっかりとカラー化。うっ(ときめきすぎて死亡)
20160327_002626-1


 そして咲日和の中でも1,2を争う神回である佐賀の巻①もしっかり収録。惜しくもカラー化こそはされなかったものの、その面白さに陰りはなし。
参考:【感想記事】咲日和 ~佐賀の巻①~ これはヤバいヤバいヤバいばい
20160327_002849-1


 さらに単行本書き下ろしのおまけの巻では慕が来る前のシノハユ湯町面子のことが。
20160327_003537-1

杏果ママぁ~~!!
オギャ──ッ!! オギャ──ッ!!


 ふっ、母性のあるキャラといえば玄ちゃんなり塞さんなり色々いるけれども、杏果さんもまたそれら強豪と渡り合える母性をお持ちであると言えるだろう……。
 この感覚……そうか……これが……これこそが──

──バブみ──










 はい、というわけで過去最大級の咲-Saki-祭りでございましたが、皆様は如何でございましたでしょうか!!
 新作スピンオフも決まり、今後さらに熱くなっていく咲-Saki-シリーズ、目が離せませんね!!
 それでは次回、シノハユの感想記事でお会いしましょう。
 ばっはっは~い。