前局→【感想記事】咲-Saki- 第152局「一片」その先をね、見てみたかったんだ。
slider_02


  ”ってたぜェ!! この” 瞬間 とき ”をよォ!!

 
はい、どうもこんにちは、炎上院すばらです。
 世間は年末やらコミケやらで賑わっているみたいですね。咲関係の本を出す方々、お疲れ様です。
 んでまぁ私は何をしているのかというと、うんまぁ、普通に学校にいるんですよ、これが。
 まぁ学校に来て何やってるかというと、こうやってブログ更新してるわけだから結局家にいるのと変わりはないんですけども。


 さて、今回のヤングガンガンといえば、「WORKING!!」「サーバントサービス」等でお馴染みの高津カリノさんの新連載「ダストボックス 2.5」にも注目です!
slider_03

 そしてさらに特別付録として。カリノさん書き下ろしの年賀状までついてくる! すばら! 
 山田ァ! おめェ可愛いじゃねぇか山田ァ!!

 あと、WEB版WORKING!!の柳葉さんと永田さんが務めているヤングガンガンCMも公開中ですよ。ですよ。


 柳葉、おめェさんそんなに喋れたのか……。


 そしてそして、ヤングガンガン創刊11周年記念ということで、なんと連載陣直筆の色紙プレゼントキャンペーンがやってます。
image

 我らがりっつん神先生からは、白糸台大将・大星淡!!
 おもちめちゃくちゃ増量して登場です。……いや、いくらなんでもこれ増量し過ぎやろ! 霞さん級とは言わなくてもその次点組には食い込めるレベルなんちゃうか、これ……。

image

 しかもよく見てみると、これとは違うイラストが用意されている可能性まで!
 作品によっては、なので咲もそうだとは限りませんが、もしも他のイラストが用意されていたとしたら、どのキャラが描かれているのか楽しみですね。


 それでは、続きから感想記事になります。
 ヤングガンガン最新号のネタバレを含んでいますので、単行本派の方はご注意ください。











炎上院すばらは、諦めないッ!!


 点数計算をした結果、姫松が100点足りなかった? だからなんだというのか!?

 まだ作中で姫松が敗退したと、そう断言されたわけではない!!

 人はいつ敗北をするのか? それは敗北をしたと認めてしまった、その瞬間に本当の敗北を喫することになる!

 まだ、南二局からオーラスの間までに咲がリー棒を出していたとか、

 淡とシズの時のように、ネリーの点数申告が間違えられていただとか……。

 まだ、まだ姫松高校の決勝進出の可能性は残されているのだ!!

 敗北を認めるんじゃあない、炎上院!!

 このヤングガンガンの中身を開くまで、姫松は、まだ負けてはいない!!!

image


 南二局からネリーが三連続和了を決め、準決勝が終了したことは事実……! 覆せぬ、実際の事柄……ッ!!
 それはいい、仕方のなきこと……臨海女子の一位抜けは確実……!!

 ならば……ならば、二位はどこの高校なのか!?
 このページを捲った瞬間、おそらく真実は『確定』してしまうだろう……。

 しかし、私はこのページを捲ることを『恐れない』!!
 この先にあるであろう現実を知ることを『恐れない』!!

 姫松高校の決勝進出。ただそれだけを信じて、私は前に進まなくてはならない!!
 さぁ、真実よ! 現実よ! リアルよ!
 かかってくるがいい、この炎上院すばら、貴様たちからは一歩も退くことはない!!

























image




















de1c7dsfa25

























オァアアアアア!!!!

























 本当は……、本当は、” 理解 わか ”っていたんだ……。
 ここで清澄が敗退するわけがないんだ……とか……姫松の点数がわざわざ準々決勝と同じになっている……だとか……清澄高校と100点差だとか……そういう緻密な計算の上で、姫松は負けてしまっていたんだ……とか……。

 それでも、それでもやはり『残念』、そういう気持ちは拭えない。

image

 さすがに、この末原ちゃんの表情を見て吐き出したい言葉はあるものの、それは決してここで適切な表現にはならないだろう。
 ただ一言、お疲れ様でした。
 その言葉で、姫松への言葉を締めくくりたいと思う。







image

 さて、そういえば準決勝の始まる前、はやりんが有珠山高校とは戦いたくないと言っていましたが、結局その詳細な理由は闘牌中では明らかになりませんでした。
 あの意味深なセリフ、結局なんだったんだと思いきや、なんと爽さんはまだ隠し持っていたカムイがあることが判明。

 そのカムイ、どうやら相手の肉体に直接働きかける類の能力であるらしく、爽さんはそれを麻雀に使うのはよくないと考えているようでした。
 はて、相手の肉体に直接働きかけるとは……?

 幸いなことに、インターハイのカメラはその能力の一部始終を撮影することに成功した。
 それでは、ご覧いただこう。
 これが、その衝撃映像だ……!!




エルティ

オリ

サミ !!


ザ・ベストハウス123とか何人覚えてるんだろう……




image


おわかりいただけただろうか?


 これは……獅子原爽の隠し持つ呪い……とでも、いうのだろうか?

 あまりに唐突過ぎる衝撃的映像に、我々も動揺を隠せない。

 気を取り直して、それではもう一度ご覧いただこう。



エルティ

オリ

サミ !!



image

 うっ……、ふぅ……。


 パウチカムイとは、アイヌ民話に伝わる淫欲を司るカムイである。(参考:パウチカムイ - Wikipedia
 つまり、爽のこのカムイの能力は目標の相手の色欲を操る……とでも、いうのだろうか?
 確かに、さすがにこれは爽も使用するのを躊躇う気持ちは分かってしまう……。
image

 はやりんが戦いたくないと言っていたのは、戒能プロから事前にこのカムイについての情報を得ていたからだろう。
 正直な気持ちをぶっちゃけるのであれば、あれだけ期待を持たせるような発言をしていたのにも関わらず、このような形での伏線の回収になってしまったことについては、個人的にはあまり納得のいく形ではなかった。
 はやりんの言っていた言葉の意味がどのように明らかになるのだろうか……と期待を抱いていた人は決して少なくないはず。これをどう思うかは人それぞれだろうが、私個人のワガママだけを述べるのであれば、出来ることなら闘牌中にカッコよく明らかになると嬉しかったと思う。
 まぁ確かに、本当に試合中にこんなん使われても困惑するんだけどさぁ。


 ところで、はやりん達が映像でこれを確認したっていうことは、ネリーのメスイキ顔がカメラを通して放映されたってこと?
 それはそれは……ある意味、同情するしかない。
image

20151226_183755-1

 そういえば今月の咲日和でネリーを見た時、今回のヤングガンガンを読んだ時に本当に咲日和のネリーと同一人物なのか疑うかもしれないと、昨日の記事でも書いたけれど、まさかこういう形で同一人物なのかどうかを疑うことになるとは完全に予想できてなかったよね……。
 こんなアホ面(失礼)かましてたネリーが、まさかリアルタイムで数日後にこんな顔を披露することになろうとは……。







image

 場面切り替わって阿知賀面子。
 まだ玄のドラ復活の儀式の最中なのか、それとも普通に訓練を積み重ねている最中なのか、玄を含んでシズ達が卓を囲んでいた。
image

 本当に百速にまで仕上がったのか、準決勝では直接解説をしていたはずの小鍛治プロに誰これと言わせるほどの調子になったシズ。
 正直に言ってしまえば、決勝戦大将面子では咲、ネリー、淡と比べると能力的にやや地味寄りだと思われていた(シズファンすまん)シズだが、これはまさか一番の大嵐になりそうな予感……?


 さて、これで準決勝、2015年内の咲、そして15巻分の話がすっきりと締まりました。
 姫松ファンの自分としては、まぁそれなりに残念な気持ちもありますが、これから阿知賀、白糸台も含んで始まる決勝戦が心の底から楽しみなのもまた事実。
 その前にまず、準決勝敗退が決まってしまった姫松、有珠山の二校の反応が気になりますが……それは来年最初のお楽しみということにしておきましょう。次の掲載2月だけど。


 ということで咲に携わる全ての人たち、今年も一年お疲れ様でした。
 この「咲めも!!」も就活やら卒論やらなんやらありましたが、無事一年以上続くことが適いました。いやー正直もっと早く閉鎖すると思ってたよ、このブログ。
 しかしまぁ、なんだかんだでもう少しくらいはこのブログも生き延びていくと思いますので、来年もまたよろしくお願いします。

 それでは、よいお年を。