私ならば、まず最初に法律を変えるように働きかけるだろう。
 何故ならば、現在の法のままでは実の姉と結婚することが出来ないからね。

 やぁ、みんな! こんにちは!
 私は炎上院すばら。このブログの管理人さ!
 こんなブログを閲覧してくださっている読者の諸君には頭も下がる思いだよ! 私はそんな読者の諸君の暇を5分でも潰せるような興味深い記事を書けるようにいつも努力しているつもりだよ!
 私が1時間も2時間もかけて記事を書いているのに読者には5分で読まれきっちゃうってのもちょっと寂しいけれどね、まぁ文章を書くというのはそういうものなんだと思うよ。

 さて、何故いきなり宥姉の話を持ち出したのか?
 聡明であられる読者の諸君ならば察しはついているだろうね!
 ならば無駄に引き伸ばす必要はない、早速本題に入ろうじゃないか。

 そう、私もついに手に入れたのだ。
 松実宥 立体マウスパッドをね!!
20150209_000747

 すばらっ! ちょーすばらじゃないかこれは!
 こんなすばらなものを作り出したホビージャパンには感謝してもし足りないくらいだよ!!
 本当はもう少し早く手に入れたかったんだけどね。地元の店に置いてあるかなーって思ったら置いてなくて、それからアマゾンを使ったのでちょっと遅くなってしまったよ。

 さてこんなすばらなものが部屋に届いてしまったということは、これはブロガーとしては何か面白いことを書かなければならないだろう。これは使命感とも言うべきものだろうか。単純にちょっと目立ちたいだけとも言うね。
 それでは、この宥姉のおもちマウスパッドを使って、なにか出来ることを探していこうじゃないか。

 この宥姉おもちマウスパッドはとてもすばらなものだ。もうすでに何度も同じことを言っているような気もするが、大事なことなので何度も言わせて貰おう。すばら。
20150209_012554

 まぁまず最初にやるべきことは、このあまりにすばらなおもちを堪能することではないか?
 そうとも、それこそが王道たるおもちマウスパッドの使い方だ。
 ならば私もまずはそのおもちをつんつんとか──

 シナァイ!!!

 このブログの読者の諸君が私に求めているのはそんな当たり前のような行為だろうか?
 ちがうねッ!!
 そもそもそれは偉大なる先駆者がすでにやっていることなのだ。私のブログのようなところを見に来る物好きならば、まずその偉大なるブログを読んでいない訳が無い。今やっても二番煎じなのだ。

 なに? ならばお前はこの宥姉のおもちマウスパッドをどのように使うのかだって?
 そうだね。私もあまり面白い人間ではないとは自負している方だと思うが、せめて無い頭を捻って生み出した「新しいマウスパッドの使い方」を提示しようと思う。
 まずは軽く。ボクシングで言えばジャブから行ってみようか。
































1.彼氏ごっこ
201

 誰もが考えはするだろう、彼氏ごっこ。
 しかし私はこれをやることはあまり快くは思わない。
 何故なら、宥姉の横で寝るべき人は弘世様──そうでないのなら、せめて阿知賀の面子の誰かであるべきだ。
 宥姉の横に男が寝るなど想像しただけでも吐き気を催す。私は百合の世界で生きるべき戦士である。宥姉はすばらな女性なので、宥姉と寝ることを考えはしてしまうのは仕方が無いが、しかしそれは想像の範疇に抑えるべきことであって実行に移すべきではないはずだ。(編注1:実行しました)
 宥姉とショタの同人誌も複数見受けられるが、私は姉ショタなぞ認めることは出来ない。宥姉は弘世様とくっ付くべきなのだ。(編注2:某宥ショタの同人誌達にはよくお世話になってます)
 なおこれは全くの余談だが上記の撮影のために長時間裸ワイシャツでいるのは結構寒かったものだ。


2.ペットごっこ
0000000

 よく、ペットを服の中に入れる~というものがあるね?
 あれを宥姉でやってみたらどうか?
 もちろん、試してみたよ。結果は以下の通りさ。
20150209_002837

 えっとね。なんていうのかな。
 自分におもちが出来たみたいで興奮しちゃう……

 ペットを服の中に入れて散歩する人などがいるようだが、私も宥姉を胸に、外を散歩してみるのもいいのかもしれないね。(編注3:実行しませんでした)
 結構イケナイ気持ちになっちゃうので持っている方は是非実行してみてほしい。


3.赤ちゃんプレイ
202
マ゛マ゛ァ゛ァ゛ァ゛ア゛ア゛ア゛~゛~゛~゛~゛~゛~゛





203
ば゛ぶ゛~゛~゛~゛~゛~゛~゛~゛






204-1

お゛ね゛ぇ゛ち゛ゃ゛~゛~゛~゛~゛~゛~゛ん゛!゛!゛!゛






































(編注4:良い子は絶対に真似しないでください)